コンビニFAX

ローソンからFAXを送る方法。料金・使い方・画質まで写真で解説!

『FAXを送らなくてはいけないけれど、自宅にFAXがない』
『外出先で急にFAXを送る用件があるけど、どこでFAXが送れるかな?』

こんなことでお困りの方は、ローソンからFAXを送ることができるのをご存じでしょうか?

近所にローソンがあるなら、すぐにFAXが送れて便利ですよね。

ただ、ローソンからFAXを送ったことがある方は少ないのではないでしょうか?

仕事柄、FAXを送ることが多い私ですら、久しぶりにローソンからFAXを送るときは操作に悩むものです。

『ローソンでFAXを送りたいけど、操作が分からない。。』

そんな方に向けてローソンでFAXを送る際の手順を写真で丁寧に解説します。

また、ローソンのFAXの料金やローソンで送ったFAXを受信したときの画質なども合わせてご紹介します。

シオリ
シオリ
ローソンでもFAXができますが、自宅でネットからFAXが送れる『efax』も便利です。

パソコンからでもスマホからでも簡単にFAXが送れる使い勝手が良いサービスです。

今なら30日間無料キャンペーン中ですので、お金を一切かけることなくFAXが送信できます。

ローソン FAX

ローソンでFAXを送る方法

  1. マルチコピー機を探す
  2. タッチパネル上で「ファクス」を選択
  3. 宛先番号の入力
  4. 原稿の読み取り
  5. FAXの送信
  6. 送信結果表・領収書の発行

1.マルチコピー機を探す

ローソンからFAXを送る際は、店内にあるマルチコピー機を利用します。

マルチコピー機は入口近くか、店内の奥の方にある場合が多いですが、分からない場合は店員さんに聞きましょう。

お金はどのタイミングでも入れることができますが、コピーと同じように最初に入れるとスムーズにFAXできます

シオリ
シオリ
ローソンでFAXを送るときは、マルチコピー機を使うのですが、自分の前に利用者がいてFAXを利用するまでにかなり待つ場合もあります。

私の場合、最初に行ったローソンのマルチコピー機が点検中で、少し離れた別のローソンまで行くことになりました。。

2.タッチパネル上で「ファクス」を選択

FAXを送る際は、マルチコピー機にあるタッチパネルを操作していきます。

タッチパネル上段の真ん中にある、「ファクス」を選びましょう。

続いて利用する機能を選択します。

通常のFAXを送る場合は、左の「ファクス送信」を押します。

右側にある「クロネコFAX」は、ヤマトシステム開発が手掛けるコンビニでFAXの受信が可能なサービス。

FAXがない方のために、自宅や会社・他のコンビニなどから送信されたFAXの受信ができるサービスです。

その後、「ファクス使用同意」が画面に表示されます。

内容を確認し、右下にある「同意する」を押しましょう。

3.宛先番号の入力

次に送信先として、「国内」「海外」が表示されます。

通常のFAXの場合は、「国内」を選びましょう。

続けて宛先番号(電話番号)を入力します。

数字をタッチしていき、送信先の宛先番号(電話番号)を入力しましょう。

番号の入力が完了すると、画面右下の「次へ」のボタンが黄色になります。

こちらのボタンを押して、次の画面へ進みましょう。

4.原稿の読み取り

続いて原稿の読み込みを行います。

マルチコピー機のフタを開け、原稿をセット。

フタを閉め、タッチパネル上に表示されている「原稿読込」を押します。

原稿は横向きにして、左上詰めでセットしましょう。

原稿の読込が完了すると、タッチパネルの真ん中に読み込んだ原稿が表示されます。

問題がなければ右下にある、「送信スタート」を押しましょう。

画面の右側に送信枚数合計金額も表示されます。

送信前にこちらもチェックしておきましょう!

原稿の設定変更も可能

原稿を読み込ませた後も宛先番号の修正や、原稿の大きさ、濃さの変更が可能です。

今回は、下記の通り、初期設定のまま送信しました。

  • 原稿の大きさ:自動
  • 濃さ:標準

原稿の再読み込みや次の原稿の読み込みもできる

原稿が上手に読み込まれていなければ「再読込」を、次の原稿を読み込む場合は「次原稿読込」を選びましょう。

5.FAXの送信

「送信スタート」を押すと、確認画面に移り変わります。

改めて宛先番号と送信枚数、合計金額を確認できます。

問題がなければ右下にある、「OK」を押してFAXの送信を開始します。

送信中は間違い探しで時間をつぶせる

ローソンのFAXでは送信中に、タッチパネル上で間違い探しが行えます。

送信完了まで、間違い探しで時間が潰せます。

6.送信結果表・領収書の発行

送信が無事に成功すると、送信結果が表示されます。

送信結果を印刷する場合は、「プリントする」を選びましょう。

送信結果が印刷されるまで、少しの間待ちます。

送信結果のプリントアウトが完了すると、「続けてファクス」「ファクスを終了する」のどちらかを選びます。

他に送信するものがなければ、「ファクスを終了する」を選択しましょう。

領収書が必要な方は、写真にある画面にて「領収書を発行する」を押します。

マルチコピー機から領収書が発行されるまで待ちましょう。

写真にある画面が表示されると、FAX送信は終了です。

マルチコピー機に残っているデータは自動で消去されます。

原稿や領収書など忘れ物がないか確認し、最後にタッチパネル右上にある「終了」を押して完了です。

ローソンのFAXで実際にかかった時間

別のローソンまでの移動時間 約7分
利用開始から送信完了
※注1
4分44秒
送信のみの時間 2分29秒

注1:送信結果や領収書の発行を含んだ時間

ローソンからのFAXは、トータルで4分44秒とかなりの時間がかかりました。

特にFAX送信のみの時間がかかり、マルチコピー機の前で長く待ちました。

時間潰し用の間違い探しがあるものの、すぐに終わったため、待ち時間はより長く感じられました

また、今回は一店舗目のローソンのマルチコピー機が点検中だったので、別のローソンを探す時間も必要でした。

ローソンから送ったFAXの受信結果

ローソンから送ったFAXを自宅で受信して、原稿の画質や印刷具合を確認してみました。

送信した原稿

FAXの送信原稿は、Yahoo!のトップページを利用しました。

原稿のサイズはA4です。

受信した原稿

今回のFAXは初期設定のまま送ったせいか、受信したFAX原稿は縮小されて届くことに。

受信したFAX原稿を見てみると、線が薄かったり、文字が所々欠けていたりして少々読みづらかったです。

送信した原稿と受信した原稿を比べてみた

FAX原稿は初期設定の自動サイズのまま送信したため、受信した原稿は小さくなっています

原稿を見比べると、サイズの差がはっきりとわかります。

ローソンからFAXを送信する際は、大きさの設定をしっかり行うようにしましょう

ローソンのFAX料金の一覧

国内宛FAX送信 50円
海外宛FAX送信
(アメリカ・カナダ)
100円
海外宛FAX送信
(アメリカ・カナダ以外の国)
150円
クロネコFAXへ預ける 50円
クロネコFAXから受け取る 50円

ローソンでは国内だけでなく、海外にもFAXの送信が可能です。

ローソンのFAXでは画質が選べません。

他のコンビニのように『高画質』にできないので、字や細かなイラスト・写真が潰れて見づらい場合があります。

ローソンに行かなくてもファックスを送る方法

ローソンにわざわざ行かなくても自宅やオフィスなどからどこでもFAXを送れる方法をご存じですか?

インターネットFAX『efax』を利用すれば、パソコン・スマホからいつでもFAXを送れます。

しかも、30日間無料でFAXが使えて用が済んだら解約してもOKです。

FAX機の購入を不要で、電話回線を契約する必要がなく、FAX番号は全国各地の市外局番から選べます。

操作も簡単でメールで添付ファイルとして送るだけ。スマホからなら文書を写真にとってそのまま送ることも可能です。

ローソンでFAXを送るよりも早く終わりますし、画質もよいので、一回試してみることをおすすめします。

30日間無料でFAXが送れる!

eFaxの口コミ・評判。無料でFAXが使えるキャンペーンがお得「自宅にFAXがないけど、FAXを送らない用事がある。どうしよう。」 「FAXを送るのにわざわざコンビニに行くのが面倒」 自宅や...

まとめ

シオリ
シオリ
今回はローソンのマルチコピー機を利用してFAXを送る方法を写真付きで解説しました。

  • ローソンのFAXは一枚あたり50円(国内宛)100円~150円(海外宛)
  • 画質が選べないため、届いたFAXの文字が潰れて読みにくい
  • 操作は比較的簡単だが、送信までの設定に手間がかかる
  • FAXの送信に時間がかかり、待ち時間が長い

ローソンからFAXを送る際は、送信設定の入力に手間がかかるだけでなく、送信自体にも時間がかかります。

私としては、ローソンのFAXよりも、待ち時間なく操作が簡単なインターネットFAX『efax』を使うのをおすすめします。

30日間無料キャンペーンを行っていますので、まずは試してみてはいかがでしょう?

30日間無料でFAXが送れる!